アーノルドプレスにおいて知ろう

アーノルドプレスを知っているでしょうか?
アーノルドシュワルツネッガーが行っていたと言われる肩の訓練だ。
私もそのことは知っていたのですが、ダンベルショルダープレスと何が違うのかは一心にわかっていませんでした。
ってことで今回はアーノルドプレスって何なのか?ショルダー圧迫と比べてどういうメリットがあるのか?を調べて考察していきたいと思います。
初動配列は顔付きの前にダンベルが来る配列で、手の平が顔付きの方を向く道のりに二の腕を曲げて構えます。
何故こういう姿勢を取り去るかといえば、次に二の腕を回旋させるためです。
手の平が内側に向いた条件って表層に向いた状態では、三角筋の条件が変わるのですね。
回旋反応にて三角筋の条件がどのように変わるかはよくわかってないんですが、やってみると歴然で、次の道筋2に行くに関して重りを以てなかったとしても三角筋は動きます。
次は肩を開きます。
肘を方の高さあたりに持って行きながらか手の平を前にむけます。
これが通常のショルダー圧迫の初動配列と同じ。
慣れてない場合はショルダー圧迫で取り扱う重みの6割くらいじゃないとこういう配列までうまく運べない気がします。
こういう道筋1、2がうまくできるか否かがアーノルドプレスになるかならないかを分けると言っても過言ではありません。
次にダンベルを頭上まで上げます。
最後はショルダー圧迫と同じです。
肩の力を使いながら、重りを柄まで伸ばします。
注意すべきなのは、二の腕を引き伸ばすのではないことです。重りを上にあげて下さい。
重要なのは三角筋に刺激を与えることなので、二の腕を引き伸ばすことに一生懸命になってはいけません。

下半身の筋トレは胴体の筋肉の拡張に貢献する?
コイツについてですが、なんとなく筋肉が際立つのは胴体ですし、婦人ウケすると言われている逆三角形の思考も胴体の筋肉による思考ですので、随分意識の高いお客でなければ下半身の筋トレはおろそかにしてしまうよね。
(「下半身の筋トレ」が下題目に見えたお客は、まったくワーク圏外が足りませんねw)
但し、はからずも考えてみると、胴体を発達させるという目論見においても下半身を強めることは大きな意味があります。
下半身の筋トレは胴体の拡張にどのように貢献するのでしょうか?
1.全身の筋肉の7割が下半身にあり、全身の筋肉が少ないと一部な筋肉も発達しないから。
胴体の筋肉という下半身の筋肉の率は1:1ではありません。
下半身の筋肉の方が大きな配分を占めているのです。
最も大臀筋は我々の想像以上に大きな容量を占めている筋肉で、ここを鍛え上げるだけでもカラダにおけるかなりの率の筋肉を占めることになります。
これが示すのは、逆に、下半身の筋肉を鍛えなければ全身の筋肉ボリュームが向上しないということです。
全身の筋肉ボリュームが向上しなければ、伸展ホルモンも分泌されませんから、胴体の筋肉の拡張能率も落ちますよね。
伸展ホルモンを押し出すのにマキシマム効率的なのが、下半身の筋トレなのです。
2.僕はカラダを満遍なく鍛えている!といった自信が持てるから。
胴体の筋肉の拡張にも貢献するというわけです。
3.脚の訓練は間接的に体躯を使うことが殆どだから。
体躯って胴体ですから、下半身の訓練が胴体に貢献していることになりますよね。http://xn--v9j0hd3bp6hvf.xyz/